「リチャード二世」

ストーリー

リチャード二世 (ベン・ウィショー)は従弟のヘンリー・ボリングブルック(ロリー・キニア)とトマス・モウブレー(ジェームズ・ピュアフォイ)の諍いを解決する必要にせまられる。リチャードは決闘で事態を収拾しようとするが、二人の剣が互いを傷つける直前で止めに入り、二人を王国から追放する。ブリングブロックの父親ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの容態が悪化すると、彼を見舞ったリチャード二世をジョン・オブ・ゴーントは叱責する。彼の死後、彼の資産を全て手中にしたリチャード二世は、それを軍資金にしてアイルランドの反乱軍との戦争へ向かう。リチャード二世の留守中にイギリスへ舞い戻ったボリングブルックは、自身が受け継ぐべき父親の遺産への権利を主張する。ノーサンバランド伯(デビッド・モリッシー)とヨーク公(デヴィッド・スーシェ)はボリングブルックの味方をし、リチャード二世を幽閉し、王位を退くことを求めるのだった。

​登場人物
人間相関図

リチャード二世 (ベン・ウィショー)

 

ヘンリー・ボリングブルック(ロリー・キニア)

 

トマス・モウブレー(ジェームズ・ピュアフォイ)

 

ランカスター公ジョン・オブ・ゴーント(パトリック・スチュワート)

 

ノーサンバランド伯(デビッド・モリッシー)

 

ヨーク公(デヴィッド・スーシェ)

オーマール公(トム・ヒューズ)

イザベラ・オブ・ヴァロワ(クレマンス・ポエジー)

ウェストミンスター修道院長(リチャード・ブレマー)

ヨーク公夫人(リンゼイ・ダンカン)

サー・ スティーヴン・スクループ(トム・グッドマン・ヒル)

サー・ヘンリー・グリーン(ハリー・ハーデン・ペイント)

サー・ジョン・バッシー(フェルディナンド・キングスリー)

カーライル司教(ルシアン・ムサマティ・ムサマティ)

ロス卿(ピーター・デ・ジャージー)

ウィロビー卿(エイドリアン・シラー)

庭師(デイヴィッド・ブラッドリー)

援護

親子

親子

夫婦

対決

​反発

支持

深い敬愛

正当な権利

を主張し対立

従兄弟

叔父

叔父

リチャード二世

オーマール公

ヨーク公

トマス・モウブレー

ノーサンバランド伯

リチャード二世王妃イザベラ

ボリングブルック

ジョン・オブ・ゴーント

カーライル司教

  • facebook
  • Twitter Round